大阪府堺市北区長曽根町
2213-1 街路ビル2F


TEL 072-250-0377

FAX 072-250-0388

奴井和幸事務所の地図はこちら

奴井和幸へのメールはこちらから

MAP
MAIL
HOME
プロフィール
三つの信条
役職
活動
政務・講演日程
リンク

大阪府議会議員 奴井和幸 / ヌイ和幸 【自由民主党】

topにもどる
大阪府議会議員 警察常任委員会委員
自由民主党


 奴井 和幸
ご報告

1、団費の短期借り入れについて

本件団費とは、議員団所属議員が、自らの報酬を任意に挙出している金員であり、議員団の会派活動や政治活動、及び親睦活動等に広く使用するためのプール金であって、本来的に私的性質のものであり、その使用は団体の内部自治に属するものであり、そもそも公的性質の金員ではないため、私的流用という表現は失当であります。
 このプール金の短期借入については、都度会計担当者と相談して期限を定め借り受け、期限内に返済しており、会計責任者である団の政務調査会長の決済を受けていない等の手続き上の瑕疵はあるものの、違法性のあるものとは考えておりません。
 しかしながら、自由民主党・無所属府議会議員団における議論を尊重することといたしました。

2、タクシーチケットの利用に関して

今回利用内容の詳細に不明点が多いとされているタクシーチケットについては、そのほとんどが大阪府幹部職員との意見交換に伴う会食時のものであります。これは、自らの議員団内の役職等に照らしてみても、大阪府政、議員団及び議会活動と密接不可分なものであり、広義の適正支出と考えていたものであります。

 しかしながら今般、自由民主党・無所属府議会議員団綱紀委員会において、詳細に検討をしたところ『大阪府議会議員としての活動に伴うものではありますが、「本議員団の経費」(議員団団則第18条)の範囲が明確ではない現状ではある』と考え、利用の適切さに疑義を差し挟む余地のないチケット利用分が¥104,890-と総額の約80%に亘る実態ではありますが、疑義があるとされた¥28,220-を含め、総額に当たる¥133,110-を返還することといたしました。

3、今回の件は、自由民主党・無所属大阪府議会議員団の団則第18条の「本議員団の経費」の範囲が明確でなく、規程や要綱等の実施規則も明確に文章化されていないなか、過去からの慣習に従って事務をしていたのが根本的な原因です。この度、府民の皆様に不明朗な金銭処理を疑われる事態に立ち至ったことは誠に私の不明・不徳によるものであり、今回の事案の責任を明らかにするために自由民主党・無所属府議会議員団を離団いたします。

爾後、自由民主党・無所属府議会議員団においても各種規則・要綱等を整備し、団運営が透明化、近代化されることを期待いたします。